自然土木

「自然農」という言葉がありますが、これはまったく放置して農業を行なうことではなく・・・
●自然に負荷をかけない
●収奪ではなく、共生を目指す
●農薬や化学肥料を使わず、生態系の健全化を目指す

言い換えれば・・・

自然の中に生かされていることを意識しながら自然に寄り添った形や方法で農耕する。

ということだと解釈されます。
「自然土木」という言葉を用いれば、「土木」の世界でもこの心や思いのつまったやり方であたるのだということを多くの方々に伝えられるのではないでしょうか?

今日本の中でこの「自然土木」と言えるやり方を実践し、精力的に活動されている方々がいらっしゃいます。
その中で代表的なのが高田宏臣さんと矢野智徳さんです。

◎高田宏臣さんの活動

◎矢野智徳さんの活動(大地の再生講座)